-

~東日本大震災から10年~ 島根から福島双葉町 復興応援チャリティ

島根から福島双葉へ、桑原さんの思い

2011年3月11日に東日本大震災が発生しました。松江市北堀町に拠点を持つNPO法人プロジェクトゆうあいには、この震災によって福島県双葉町(原発の所在する町)から松江に避難で来られて9年半になる桑原達治さん(56歳)という方が働いています。桑原さんは、以前は双葉町役場に勤務する公務員で、その双葉町役場は、元の双葉町役場から60km南のいわき市に避難したままという状況があります。桑原さんは、いつか双葉町に帰りたいという思いがあり、今も住民票は双葉町にあります。

今年2021年3月11日に震災からちょうど10年をむかえます。桑原さんの思いが少しでも現実に近づくよう、島根から福島復興、双葉復興を願うチャリティをおこないます。多くの方のご賛同、ご協力をお願いいたします。

チャリティマラソンの実施 松江から双葉まで1000km目指す

桑原さんは、大学生時代に箱根駅伝を走っている一流ランナーですが、現在は左半身麻痺の障がいがあり、走ることはできなくなりました。

そこで「桑原達治記念杯オンラインチャリティマラソン」を実施します。

3月1日~3月31日の間、走る日、コースや距離、出発時間などはそれぞれの自由としますが、走った場所、距離、お名前を下記事務局までメールにてお知らせください。ご寄付いただいた方には完走賞をメールでお送りします。

なお、3月14日(日)9時~14時の間、宍道湖畔NHK前の大灯篭付近にテントを設けて、桑原さんがランナーのみなさんを応援します。湖畔でのマラソンを終えた方に、桑原さんより完走賞を進呈いたします。

皆さんが走った距離を合計して、松江から双葉までの実際の距離1000kmを目指します。参加費は必要ありませんが、チャリティのご協力をお願いします。また、走る方は周囲の方にチャリティ呼びかけをお願いします。

寄付金の目標100万円、送り先は双葉町

寄付金は100万円が目標です。いただいた寄付は全額まとめて福島県双葉町(役場)に寄付します。

寄付の方法は、郵貯振替、直接持参

寄付金額は任意です。プロジェクトゆうあいまで直接おこしいただくか、下記に振込をお願いします。

郵便振替 口座01370-2-108399 特定非営利活動法人プロジェクトゆうあい

※寄付の期間は2月10日から3月31日

※振替用紙の備考欄に必ず「福島寄付」とご記載ください。

※手数料は本人負担でお願いいたします(青い振替用紙)

寄付いただいた方のお名前について

ご寄付いただいた方のお名前をリストにして、双葉町役場にお届けします。匿名希望の方はお知らせください。

事務局

特定非営利活動法人プロジェクトゆうあい

担当 田中隆一 YQN01243@nifty.ne.jp

松江市北堀町35-14 電話0852-32-8645 090-2861-6739

呼びかけ人(五十音順)

安達亨(サンベ電気)/足立正智(島根県建築士会)/いながきひろし(山陰ランクラブ)/杉原有(社会福祉法人敬仁会)/竹田尚子(松江NPOネットワーク)/田中隆一(NPO法人プロジェクトゆうあい)/野津積(島根県中小企業家同友会)/毎熊浩一(島根大学)/浜田真理子(ミュージシャン)/平田寛容(松江市ボランティア連絡協議会)/森山忍(ふるさと島根定住財団)/……呼びかけ人募集中!

みなさんからのご寄付をお待ちしています!

桑原さんの写真

この記事のPDF版 ダウンロード(173KB)