本文へ移動する

月刊てくてくメルマ 2014年1月号 (2014.1.20)

制作・発行:NPO法人プロジェクトゆうあい

目次

  • 1 わいわい冬休み(編集前記)
  • 2 ゆうあいトピックス
    • ◎今後の古本販売
    • ◎てくてく日和第5号完成
    • ◎「えみスマイル1月号」完成
  • 3 今月のコラム
  • ◎「ワハハ!」

1 わいわい冬休み(編集前記)

てくてくメルマ読者のみなさん こんにちは明けましておめでとうございます。

今年も充実した内容のメールをお届けしようと思っていますので、よろしくお願いいたします。

年末年始に、キッズスペースゆうあいでは、たくさんイベントが開催されました。

25日には、クリスマス会があり、サンタクロースが子どもたちにプレゼントを配りました。

子どもたちは、とても盛り上がりました。

27日には、出雲そばリえの方を迎えて、そば打ちをして年越しそばを食べました。

1月7日には、餅つきがありお餅がふるまわれました。

キッズスペースの子どもたちは、季節感がある充実した冬休みを過ごしました。

(渡部)

2 ゆうあいトピックス

◎今後の古本販売

1月22日に、島根県庁県民室(県庁本庁舎の正面玄関を入って左側)の障がい者チャレンジショップスマイルにて、11:30から13:00まで古本を販売します。
1月25日に、天神町まめな館前にて古本を販売します。
2月12日の09:00から11:30には、城北公民館にてモーニングブックカフェが開催されます。
公民館長さんお手製の暖かい自家焙煎コーヒーを飲みながら、読書を楽しんでいただけます。

また、気にいった本は、購入できます。
引き続き、みしまや11店舗、松江駅前テルサ内福祉ショップ天神にて、古本棚を設置しています。
1冊100円で、お金を本棚の隣にある箱に入れていただく仕組みです。
漫画、小説、料理本などさまざまなジャンルの本があります。
冷え込みが厳しくなってきましたので、暖かい部屋で読書をしてみてはいかがでしょうか。
年末の大掃除で不要になった本が出た方は、ゆうあいに寄付していただけると喜びます。
雑誌、百科事典を除くどんなジャンルの本もお受けします。

◎てくてく日和第5号完成

バリアフリーまち歩き情報誌「てくてく日和島根」の第5号が完成しました。
今回の特集は「てくてくまち歩記 石見地方(津和野・浜田)、玉造温泉縁結びめぐり」です。
一般的な観光情報だけでなく、周辺の車いすでも使えるトイレ情報などバリアフリー情報を掲載しました。
掲載している記事は、すべてゆうあいのスタッフが取材して書いたものです。
紙面のイラストも、ゆうあいスタッフが描きました。
紙面のモデルは、障がいのある方に撮影協力をいただいています。
全国のバリアフリーツアーセンター、松江市内の病院や福祉施設、島根県内の観光案内所や道の駅に配布しております。
フリーペーパーですので、お気軽にお持ちください。
「てくてく日和島根」は読者の方からのご寄付、広告費によって運営しております。
「てくてく日和島根」の趣旨にご賛同していただける広告主の方を募集しております。
また、趣旨にご賛同いただける個人の方は、1口1000円から定期購読(1年分)いただけます。
お気軽にお問い合わせください。

◎「えみスマイル1月号」完成

プロジェクトゆうあいスタッフのえみが出演するユーチューブの動画の番組「えみスマイル 1月号」ができました。
今回は、画面読み上げソフトPCトーカーで音声ガイドの設定方法を紹介します。
画面の読み上げ方を変えることで作業がしやすくなったり、画面の読み上げ方が変わるトラブルにも対処しやすくなったりします。
次回は、3月10日ごろに配信予定です。
今回に続いて、PCトーカーの読み方を設定する方法を紹介する予定です。
聴覚障がいのある方は、字幕をご覧ください。
下のホームページを開くと、動画が再生されます。

http://youtu.be/HkARyGjWIos今までのえみスマイルはhttp://www.project-ui.com/contents/emisumairu.html

3 今月のコラム

◎「ワハハ!」

新年明けましておめでとうございます。荒野を駆けまわる若々しい馬たちのように、私達も元気よく走り回る1年にしましょう!
さて、1月6日(月)からNHK朝ドラ「ごちそうさん」が再開しましたね。
その前の「あまちゃん」が大人気だったので、さてその次は苦労するかなと思いきや、意外に視聴率も良くて、私の回りでも話題にする人が多いようです。
毎回、美味しそうな、しかも、どこにでもある料理が出てきているからでしょうかね。
朝の番組としてはとっても良いです。
その「ごちそうさん」では、一気に3人の子どもたちが増えていましてこれもびっくりですが、その子どもたちがみんな個性たっぷりで、見ていてハラハラさせられます。
まあ、ドラマですから普通の家庭の話では、みんな見てくれませんからですけど、それにしても個性的。
その長女が、ふ久ちゃんという娘です。
おうちで、お母さんが美味しい料理を作ってもあまり感動を表さないし食も細い。
まわりの子どもたちとも話が合わないし、それを苦にもしていなくていつも別のところを見ている。
石が何故地上に落ちるのか煙はなぜ上空にたなびくのか不思議で、学校の2階から石を落として他の子供を怪我させたり、校舎で焚き火をして火事になりそうになったり。
もう学校からの知らせに、めいこお母さんは大混乱。
私達の生活の中でも発達障害という言葉を盛んに耳にするようになりました。
そういう世相をドラマの中でも取り上げているのだなと思います。

プロジェクトゆうあいの事業の中で、特別支援の子どもたちの児童デイサービスがあります。
保護者の皆さんの心配そうな顔をいつも見ながら子どもたちに明るく向かっている職員の皆さんの姿には、いつも感心させられています。
その笑顔が子供を預けに来る保護者の皆さんの気持ちをどれだけ癒していることか。

今年もプロジェクトゆうあいは、笑顔の絶えない1年にしましょうね。

ワハハ!

(今岡)

NPO法人プロジェクトゆうあいでは、随時会員を募集しています。
正会員と賛助会員の2種類があります。
正会員 年会費3000円 ・ 賛助会員 年会費1000円
入会については、ゆうあい事務局までお問い合わせください。
メルマガの登録・退会については info@project-ui.com までメール願います

■月刊 てくてくメルマ■

制作・発行:
NPO法人プロジェクトゆうあい メールマガジン発行部
住所:
〒690-0888 島根県松江市北堀町35-14
電話:
0852-32-8645
ファックス:
0852-28-1116
url:
http://www.project-ui.com/

活動紹介:
http://blog.canpan.info/tekutekumeruma/
mail:
info@project-ui.com

入会、退会、アドレス変更などは上記メールアドレスまで。

このページの先頭へ