ウェブアクセシビリティ

ウェブアクセシビリティが求められる時代に

キーボード操作のみでウェブを見る人がいいます

音声読み上げソフト利用者の様子

目が見えにくい人、目がまったく見えないという人もホームページを見ている、ということをご存じでしょうか?見えにくい人は、白黒の反転や文字拡大などの機能を用いて、見えない人は、音声読み上げソフトを用い、文章を合成音声にしてホームページの内容を見ています(聞いています)。また、多くの方が利用しているマウスを用いずに、キーボード操作のみでウェブサイトを閲覧する人もいます。

このような視覚障がい者をはじめ、様々な障がいのある方にとって、利用しやすい、見やすい、聞きやすいホームページの制作、運用が求められています。

チラシ(PDF 375kb)

総務省がJIS規格による準拠を推進

また、総務省では自治体に対してウェブアクセシビリティ(ホームページのバリアフリー化)を推進する中でJIS規格によるAA準拠を求めており、視覚障がい者を含むどのような人にも見やすいホームページの運用が不可欠となっています。

プロジェクトゆうあいのウェブアクセシビリティ普及の取り組み

プロジェクトゆうあいではウェブアクセシビリティ診断(ホームページのバリアフリー診断)を視覚障がいのある当事者とともに実施するサービスを行っています。診断はJIS規格に従って行う「アクセシビリティ診断」と、よく見られるアクセシビリティ上の問題を中心にそのサイトの傾向を調べる「アクセシビリティ簡易診断」があります。
また、診断をもとにバリアフリーなホームページ改修のアドバイスをいたします。

費用

メニュー 費用(円) 備考
アクセシビリティ簡易診断 5,000/ページ ※JIS規格による検証ではありません。
アクセシビリティ診断 12,000~20,000/ページ JIS-X8341-3:2016 等級A~AAAに対応した試験を実施します。
ウェブアクセシビリティ方針策定 別途お見積 サイト上へ記載する方針、適合宣言の作成ガイドラインの運用を行います。
アクセシビリティ研修
(啓発・技術指導等)
30,000~ 平均2時間程度
内容や人員によって価格は変動します。

JIS規格への適合に必要なページ数の目安

選択するページ数 説明
10ページ以下 試行的な試験であり、合否を判定するのには少ない
11〜24ページ 合否判定に要する最低限のページ数
25〜39ページ 合否判定に要する標準的なページ数
40ページ以上 合否判定に十分なページ数

業務実績・スタッフ・ゆうあいの紹介

プロジェクトゆうあいのウェブアクセシビリティ診断業務実績

  • 松江市
  • 出雲市
  • 安来市
  • 大田市
  • 浜田市
  • 益田市
  • 邑南町
  • 奥出雲町
  • 川本町
  • 吉賀町
  • 津和野町
  • 隠岐の島町
  • 島根県(ポータル)
  • 島根県(防災)
  • しまね福祉マップ
  • 国土交通省中国運輸局
  • ふるさと島根定住財団
  • 松江市市民活動センター
  • 松江市観光サイトだんだん
  • 島根県社会福祉協議会

※島根県協働事業を通じて実施

プロジェクトゆうあいのウェブアクセシビリティ研修実績

セミナーの様子
  • 一般向け島根ウェブアクセシビリティ研修
  • 島根県内技術者向けウェブアクセシビリティ研修
  • 自治体向けウェブアクセシビリティ研修(隠岐・松江・浜田)

主要スタッフ紹介

早瀬耕平 技術スタッフ/島根県HP改修検討ワーキング委員(ウェブアクセシビリティ)他
渡部栄子 視覚障がい者(全盲)/島根県自治体HPコンテスト審査委員 他

アクセシビリティ対応ウェブサイト制作

基本制作費用
作業内容 費用(税込) 備考
企画構成費 50,000円
サイトデザイン費用
(トップページ・バナー制作含む)
50,000円 サイト内デザイン用画像類一式の制作
基本ページ制作費用 10,000円 1頁単価

※レンタルサーバー・ドメイン契約費用は別途となっています

制作オプション費用
作業内容 費用(税込) 備考
メールフォーム設置 10,000円 通常はメールアドレスの記載のみ
サーバー・ドメイン初期設定費 5,000円
CMS導入費用(Wordpress他) 20,000円
マニュアル制作費用・運用指導 20,000円 (CMS導入の場合)